So-net無料ブログ作成
検索選択
ファイナンシャル ブログトップ

得する 年末調整 仕方 書き方 いつ戻ってくる いくら いつまで 計算方法 提出 [ファイナンシャル]

スポンサーリンク




年末調整 仕方 書き方 いつ戻る いくら いつまで 計算方法



今年も年末調整の時期となりました。
そこで、慌てて調べている方も多いと思いますので、
解説します。

年末調整の仕組みを知って、お得な年越しをしましょう。


いつまでに提出?



12月のいつまでに、書類を提出してくださいと言われることも多いと思いますが、
提出の期限は来年の1月31日までです。
担当者へ提出または提示できれば、年末調整を受けることが出来ます。

いつ戻ってくる?



いつ戻ってくる?
申告した金額は、12月の給料に戻ってきます。

また、申告に間違いがあった場合のやり直し期限は1月31日までのため、
再計算した金額は1月や2月の給料で戻ってきます。


いくら、戻ってくる?計算方法



いくら戻ってくるかは、皆さん興味がございますよね。

そんなときに便利なサイトがございます。

年末調整計算シミュレーション

こちらで仮算出してみてください。

必要書類



下記が必要書類の一覧になります。

・今年1月~12月の給与台帳 [個人別月々の給料(賞与) ・ 源泉等控除の額一覧表] 

・顧問報酬(弁護士、社労士、司法書士等)等の支払がある場合、その総額と源泉税額

・退職金の支払がある場合は、退職金の額とその源泉税・市民税・県民税の額

・社会保険料控除証明書等(原本※コピーでは駄目)

・小規模企業共済掛金・生命保険・損害保険等 控除証明書(原本※コピーでは駄目)

・年末調整される方全員の「給与所得者の保険料控除申告兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」記入分

・年末調整される方全員の「給与所得者の扶養控除等申告書」記入分

・年末調整される方の「住宅借入金等特別控除申告書」記入分 (ローン控除ある方のみ/初年度は確定申告になります)

・税務署から送付されてきた「納付書」「給与支払報告書」「法定調書」等

・今年に入って、前職で給与をいただいている方がいらっしゃれば、その前の職場の源泉徴収票



書き方



こちら探してみたら、やはりありました。

一番分かりやすい年末調整の書き方
めちゃめちゃ分かりやすく書いてありますので、推薦します!

扶養控除について



「扶養控除」の対象となる「扶養親族」とは

「所得者と生計を一にする配偶者以外の親族で、合計所得金額が38万円以下の人」

のことをいいます。(※ただし、この条件を満たしていても、他の者の青色事業専従者、白色事業専従者になっていては対象になりません。)


「配偶者控除」の対象となるのは

「所得者と生計を一にする配偶者で、合計所得金額が38万円以下の人」

のことをいいます。(※ただし、この条件を満たしていても、他の者の青色事業専従者、白色事業専従者になっていては対象になりません。)

「扶養控除」も「配偶者控除」も

①その対象者が「70歳以上」の場合
②「同居特別障害者」に該当する場合

は控除額が割り増しされます。

加えて、「扶養控除」には

「特定扶養親族」:扶養親族の年齢が16歳から22歳までの場合
「同居老親等」:70歳以上の扶養親族のうち、所得者またはその配偶者と同居している直系尊属の場合

という更なる割り増し制度もあります。


次に「扶養親族」等に該当するかどうかの判定の時期はいつでしょうか。

「判定の時期」は原則、その年の12月31日の現況によります。


更に年末調整を勉強したい方



さらに年末調整について、詳しい情報を知りたい方はこちらのページをご覧ください。
年末調整がよくわかるページ


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー
ファイナンシャル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。